MVNOにおけるプランの選び方

バナー

MVNOにおけるプランの選び方

MVNOには様々なプランが存在します。基本的にはどこも安いプランが用意されていますが、その中でも使用状況に応じてさらにお得に利用できるプランもあります。例えば音声通話をするかしないかで値段が大きく変わります。



音声通話は電話番号が080や090から始まる携帯電話回線を使用したものですが、音声通話プランにするだけで月額の基本料が数百円違います。

仕事などで音声通話を使うのか、それとも通話アプリを使用すればそれで事足りるのか利用者によって状況が異なることから自らに合ったプランを選ぶことが大事です。

通信速度でプランを選ぶと、テキスト中心かそれとも動画をよく見るかで異なります。
テキスト中心でメールをよく見るのであれば一番下のプランで十分です。
音声通話もしないとなれば月額数百円で利用可能です。一方動画も見るとなると高速通信のプランがおすすめです。

容量に制限があるものの、高速通信のため快適に利用できます。

この時に通信速度が1日中速いところをネットなどで探してチョイスすることをおすすめします。高速通信を謳っていても結局は時間帯で変化することもあるため、最初にチェックすることが必要です。


次にデータ容量です。

大手キャリアでは小さい容量のプランこそあるものの、割引の対象外など何かしらの制約があります。MVNOはそうした制約がないため、気軽に選ぶのも特徴です。


また繰り越し制度を採用しているMVNOが多いです。
ほとんど使わない月があれば余った分を丸々翌月に繰り越せるためにデータ容量を気にすることなく使っていけます。

データを余らすと損をした感覚になりがちですが、そうしたことも気にしなくて済みます。

また小刻みに課金できるプランなども賢くMVNOを利用したい人にはおすすめです。



MVNOを実際に利用する人は携帯電話として利用する人もいれば、テザリングのために使用する人もいます。

パソコンやタブレット端末を持ち出す場合にテザリングを使用する人はデータ容量が多いものや通信速度が常に速いものをチョイスすることが大切です。


ただ常にテザリングをする場合はルーターの方がいい場合もあるため、たまにテザリングする程度の人におすすめです。

もしテザリングを前提とした利用であれば持ち運びのできるルーターと比較検討をした上で選んでいくことが必要です。

以前は端末を購入する感覚に乏しく、契約をすれば無料で手にできるものという認識がありました。

しかし今は端末を購入して、安い通信料のところで利用するのが一般的になりつつあります。中古の端末を購入してMVNOを利用するケースもあり、そうした場合には電話として使えればそれで十分と思っている人もいます。



どんな利用の方法でもその人にマッチしたプランと出会えるのがMVNOの魅力です。
一目ぼれではなく、10社以上に及ぶMVNOの事業者を比較しながら自分にあったプランを選んでいくことをおすすめします。