SIMの基本的な知識と格安タイプの特徴を紹介

バナー

SIMの基本的な知識と格安タイプの特徴を紹介

スマートフォンはSIMカードと呼ばれるものを挿入して利用できます。


カード内部には電話番号を特定するためのID番号が入っているので契約者を判別するときに必須です。
SIMカードを挿入しているスマートフォンやタブレットはLTE通信を利用できるので高速のインターネットや通話をする事が可能となっています。

基本的に大手キャリアやMVNOと契約をすることで手に入れる事が可能です。
その際カードの種類とスマートフォンのスロット形状が合致していないと本体に挿入できないので気をつけておきましょう。

カードの種類ですが全部で3つのものがあります。
1つは標準シムと呼ばれるもので25mm×15mmの大きさで現在は最新端末に使われなくなっているのが特徴です。さらに小さいサイズのマイクロシムと呼ばれるものは15mm×12mmの形状をしています。

過去のスマートフォンや格安スマホでよく採用されているものです。最も主流となっているのがナノタイプのシムで一番小さいサイズをしています。
SIMならどれでも可能というわけではなく端末の種類とカードの相性が良くないと使えないです。

これは各通信業者の公式ホームページから確認することができます。

国内キャリアが提供しているスマートフォンはSIMロックと呼ばれるものがついているので知っておくと良いでしょう。

これはロックがかかっているものはキャリアが提供しているSIMを使わないと利用できない仕組みです。

つまり他のキャリアのSIMカードは使えなくなっています。ロック解除は現在依頼をすれば行ってくれるので安心です。


またSIMフリー端末と呼ばれるスマートフォンもあります。
こちらはMVNOが提供している機器でSIMの種類に関係なく利用できるのがメリットです。



多くのSIMカードに対応し料金プランが多彩となっています。
MVNOの扱っている格安SIMカードは大手に比べると安い金額で利用できるのが最大の強みです。

通話できるタイプだけでなくデータ通信専用のものもあるのでネットだけしたい人にもいいでしょう。

SIMカードは機器の内部に入っています。大手キャリアから購入したものはすでに本体部分に入っていますがMVNOから購入したものは自分で挿入する必要があるので理解しておくと良いです。
これは電池パックを取り外して装着することができます。



格安シムは月額料金の安さが魅力です。
どんな人に向いているのかちょっと気になる方もいるでしょう。
これは現在ガラケーを使っている人に最もおすすめです。


ガラケーからスマートフォンに乗り換えたい時にお得に移行できます。
あまりインターネットをしないなら通信料の安いプランを利用するといいのでガラケーよりも毎月の料金が大幅に削減可能です。

ちょっとだけデータSIMを使いたいときにはプリペイドタイプがおすすめといえます。



料金の前払いをして購入できるもので主にゲーム専用として使う事が可能です。