欲しい機能で格安SIMスマホを選びましょう

バナー

欲しい機能で格安SIMスマホを選びましょう

スマホを持つなら格安SIMが当たり前の時代になりました。


通話メインならキャリアスマホをおすすめしますが、通話よりもインターネットをよく使うという人なら、断然格安SIMをおすすめします。

MVNO会社が増え続けている今、通信費の価格競争やサービスの拡充が行われているので、1000円代で充分にスマートフォン生活が送れることでしょう。

契約する格安SIMを選んでも、スマートフォン本体は何を選べばいいのかわからない人もいるでしょう。スマートフォン本体は別に用意し、SIMだけを契約するという人もいますが、SIMやスマートフォンにそれほど詳しくないユーザーは、値段だけでスマートフォン本体を選びがちです。

スマートフォンも1万円前後から10万円ほどするまで様々なものがあります。



インターネットとメール、SMS、後は通話ができれば良いという人ならそれほど高額ではないスマートフォンを選んでも構いません。
また格安SIMはMVNO会社によって、使えるスマートフォンと使えないスマートフォンがあります。

MVNO会社のホームページにどのメーカーのスマートフォンが対応しているかの一覧が表示されていますが、どれが使えるのか心配な場合は、スマートフォン本体とセットになったSIMを契約すると確実です。
高額なスマートフォンを中古ショップで購入し契約したSIMを使えば、憧れのスマートフォンをより安く使うことができるでしょう。

安価なスマートフォンは容量が少ないものが多いですが、例え大量のデータが必要になっても、microSDやクラウドサービスでデータを保管すれば問題なく使用できるでしょう。

スマートフォン本体のデザインを重視する人でも、スマホケースやデコレーションなど、工夫次第で好きなデザインを楽しむことが可能です。
しかし決済サービスやモバイルSuicaなどの支払い機能、大きな画面、カメラの画素数など自分では工夫できないこだわりの機能がある場合は、まずは欲しい機能が備わっているスマートフォン本体から探し、その機種に対応しているMVNO会社と契約すると失敗も少ないでしょう。

通信費は年々安くなる傾向にありますが、スマートフォン本体は高性能化も手伝って、まだまだ安価とは言えないどころか、高額になりつつあるのが現状です。



せっかく安いSIMを契約しても、用意したスマートフォンに対応していなければ意味がないどころか、契約し直して経済的に負担になってしまいます。



格安SIMにも契約年数の条件がある場合があるので、最悪解約金を払わなければならないケースもあります。使用料の安さよりも、スマートフォンのデザインや機能を重視している人は、スマートフォン本体から選び、安さ重視の人はMVNO会社の比較からすることをおすすめします。


便利になったとは言え、まだまだ費用の面では精査が必要なスマートフォン。

安易に契約する前に、どのようなスマホライフを送りたいかを明確にしてから、本体やSIMを選びたいものです。