格安でスマートフォンを利用できるMVNOがおすすめ

バナー

格安でスマートフォンを利用できるMVNOがおすすめ

大手キャリアでスマートフォンを契約して利用するという方法が一般的で、多くの人が何の疑問もなく大手キャリアのショップでスマートフォンを購入していることがこれまでの普通の光景でした。
平均的なスマートフォンの利用料金の月額は8、000円以上にもなり、一昔前の携帯電話全盛期の頃と比較すると数千円ほど上がっています。

上がった料金によって家計が圧迫されてしまったり、好きなものの購入を諦めたりと、いろいろな影響が出てくるものです。
しかし、その通信料金を大幅に安くする方法があります。

それがMVNOでの格安スマートフォンの契約を行うことです。


最近耳にする機会の増えてきたMVNOは、業者が独自の回線を持たずに、通信機器の設置や維持管理、ショップの運営などのにかかるコストをおさえて、その分を利用者に安い料金での通信プランを提供するという事業者です。

仮想移動体通信事業者と呼ばれ、大手キャリアからの乗り換え組も多く獲得していることで話題となっています。



データ通信料金が大手キャリアよりかなり安く、およそ半額以下の月額料金でスマートフォンを利用することができます。

回線に関しては大手キャリアから借りて運営しているために、電話やインターネットへの接続に関しても問題なく行える通信品質も特徴となっています。

大手キャリアからMVNOに移行した人の中には、月額で5、000円も安く利用することができた例があるなど、その節約効果はたいへん大きなものとなっており、安さに驚くと同時にもっと早くMVNOの存在を知っておくべきだったという感想を述べる人も少なくありません。


高額な通信料金を支払い続けている人は、すぐにMVNOへの乗り換えを検討してみることがおすすめです。


それでは格安スマートフォンを提供しているMVNOに乗り換えるためにはどのような手続きが必要なのでしょうか。有名なMVNOには、大手キャリアのサブブランドとして展開している業者もありますので、なるべく利用感を変えたくない場合や大手キャリアのサポート体制に慣れている人などは、ドコモ関連のOCNモバイルやau系列のUQモバイル、ソフトバンク系列のワイモバイルがあります。



それぞれが格安のプランを展開しているのでまずはチェックしてみることがおすすめです。

多くのMVNOは料金が安いさまざまなプランを打ち出していて、使い方やライフプランにあった自分に最適なものを選ぶことができます。


不要なものや無駄なものを削ぎ落としたシンプルな契約プランであれば、かなり料金を安く抑えることができます。

大手キャリアではさまざまなオプションサービスがあり、本来は必要がないと感じているものでも割引適用になるからオプションをつける、同時申し込みを行わないとサービスが受けられないなどの例もありますので、自由度があまり高くないということがありました。



その点においてもMVNOは自由度の高いプラン選択が行えるものと考えて良いでしょう。

スマートフォンの端末にMVNOで契約した格安SIMを挿入するということで利用できるようになります。

これまで自分が利用していた電話番号を変えたくないと考えている人は、音声通話のセットとなったSIMを契約して、ナンバーポータビリティー制度を利用して乗り換えると、番号がそのままで利用することも可能です。