格安SIMの特徴やメリット・デメリット

バナー

格安SIMの特徴やメリット・デメリット

スマホや携帯電話を使っている方であれば、格安SIMという言葉を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。
このサービスは、MVNOと呼ばれる事業者が提供しており、文字通り格安でスマホが使えるようになるため、大手通信キャリアのサービスから乗り換える人も多くいます。



ですが、大手通信キャリアのサービスとは違うものであるため、実際にどんなサービスなのかよく分からないという方も多いでしょう。そもそも格安SIMの「SIM」とは、契約者を識別するために必要となる小型のICカードのことであり、このカードをスマホ本体に差し込まないとスマホが使えない仕組みになっています。



そして、現在使っているスマホ本体に、格安SIMなどのSIMカードに差し替えることで、そのサービスを利用することができるようになります。


またこの格安SIMのカードは、インターネット上や家電量販店などで気軽に購入することが可能です。次に、格安SIMがなぜ安いのかということについては、まずMVNOと呼ばれる事業者が、大手通信キャリアから回線をまとめて借り上げて、それを利用者に小分けにして提供しているからという理由がまず挙げられます。

そしてデータ容量や通信速度を制限していることも安くなる理由になっていると言えるでしょう。

大まかなイメージとしては、大手通信キャリアのサービスが1個丸々のホールケーキだとするなら、格安SIMは手頃なサイズにカットされたショートケーキのようなものだと言えるでしょう。また、大手通信キャリアのように全国各地に店舗を持たないなど、さまざまなコストを削減しているということも安い理由の一つとして挙げられます。


格安SIMのメリットは、何より格安でスマホを利用できるようになるということであり、大手通信キャリアの3分の1程度の月額料金に抑えることも可能です。


そして、音声通話サービスの有無やデータ容量などの選択肢が豊富にあるということもメリットだと言えます。
ですので、利用するサービスを最小限に絞ってより安く利用することも可能だと言えるでしょう。

さらに、大手通信キャリアのように2年契約の縛りがない場合が多いということもメリットになります。



ですので、より魅力的なサービスがあれば気軽に別のMVNOへ乗り換えることも可能だと言えるでしょう。

ただし格安SIMのデメリットとしては、大手通信キャリアから提供されているようなメールアドレスがもらえないということが挙げられます。

ですので、必要であれば無料メールサービスを利用することになると言えるでしょう。そして、使えるデータ容量が大手通信キャリアのサービスより少なくなるということもデメリットだと言えます。
しかし、多めのデータ容量を選べるプランもあるための必要な場合はそうしたプランを選ぶとよいでしょう。
また、格安SIMはクレジットカードが必要になるケースが多いため、持っていない場合はあらかじめ用意しておく必要があると言えます。