GoogleMapsPlatformについて

  • GoogleMapsPlatformの特徴

    • GoogleMapsPlatformは2018年に登場した新たなGoogleMapのライセンス形式です。
      これまではAPIのライセンス形式に則り、一定の使用の範囲ではライセンス登録をすることなく使用することができ、料金も発生することがなかったのですが、2018年7月からはすべての機能に関して使用する場合にはライセンス登録を行い、さらに課金登録も行わなければ使用することができないようになりました。
      そのため新たなGoogleMapsPlatformの仕組みでは、GoogleMapのアプリケーションを使用する場合にはその内容が無料かどうかにかかわらずライセンス登録を行わないと使用できないことになります。


      その背景にはいくつかの理由があります。

      GoogleMapsPlatform情報を集めました。

      1つは利用する側が無料の範囲と有料の範囲の区別を明確にすることができずに、ライセンス登録を行わずに有料の昨日まで使用をしようとすることです。



      基本的にはライセンス登録をしないとこれらの機能は使用できないことになっていますが、厳密にこれらを区別する機能がないことや、実際に料金が発生した際にこれを請求する方法がないことなどから様々な問題を生み出すこととなっていました。



      特に利用する側が明確な区別がないまま使用を続けようとした場合に、その機能が円滑に移動させずに様々な二次的なトラブルを生み出す危険性もあったのです。

      GoogleMapsPlatformはこれらの問題を解決するため、あらかじめライセンス登録と課金登録を行うことで、自らの利用をする範囲によって必要に応じて課金をすることが出来るようになっているのが最大のポイントです。

      ただしこれまでの無料で利用できる範囲に関しては、課金登録がされていても料金が請求される事はありません。