GoogleMapsPlatformについて

  • Google Maps Platformの契約と課金

    • GoogleMapsPlatformはビジネスを初めとしたさまざまな用途に対し、ウェブサイトやアプリで地図を表示できるサービスです。

      以前はGoogleMapsAPIと称するサービスでしたが、使用量に応じた料金体系に変更されました。それでも毎月200ドル分は無料で利用でき、料金が変更される際のGoogleによれば、変更前の利用者のほとんどは無料の範囲内とのことです。
      具体的にはGoogleMapsPlatformを利用したサイトに訪れる人の数によって料金が変わり、1日の表示数が多ければその分課金されます。

      様々な分野のGoogleMapsPlatform情報を豊富に提供しています。

      多くのサイトでは地図の色やピンなどカスタマイズしており、そのためにAPIを利用しますが、これらのサービス利用にはクレジットカードの登録が必要です。たとえ無料の範囲内での使用のほか見込まれないときでも、登録が必要な点は注意しましょう。GoogleMapsPlatformには標準プランとプレミアムプランがあり、非公開のサイトや会員制のサイトなど限定的な利用をする場合は、プレミアムプランに登録する必要があります。



      契約方法はプレミアムプランでも代理店を通した契約は不要で、クレジットカードの登録をすれば良いので便利です。

      ただし確認しておきたいのは、1回にカウントされるロード数とは、という点です。



      1つの地図に3つのルートを表示すると3回に数えられるようですが、3つのピンを表示した場合は1回のカウントです。

      課金の範囲を理解するためにも表示方法に対する認識は重要でしょう。