GoogleMapsPlatformについて

  • GoogleMapsPlatformの仕組み

    • GoogleMapsPlatformはGoogleMapのAPIの新たな美利用の仕組みとして導入されたもので、これまでのものと異なりすべての利用者がライセンス登録を行わなければならないことがポイントとなっています。

      ただ従来のようにライセンス登録を行わずにそのAPIを利用することはできず、利用する際には必ずライセンス登録を行わなければならないのです。

      従来はライセンスを登録しなくても一定の範囲まで利用することができるようになっていましたが、2018年7月からはこのままの状態ではすべてのAPIが利用できなくなってしまっているので注意をしなければなりません。
      GoogleMapのAPIは、これまで利用する範囲や利用する機能によって料金が発生するものとそうでないものに分かれていました。

      GoogleMapsPlatformはかなり有益な情報が揃っています。

      無料で利用できるものについてはライセンスを登録する必要もなく、自分のコンテンツに組み込んで利用することができていたため、誰でも利用できると言うメリットがあったのです。
      しかしその範囲は非常に限られており、中には無料で利用できる範囲を超えて利用しようとする人が少なくありませんでした。


      しかしその区別は非常に難しいためサービスが突然提供できなくなったり、不安定な動作をすると言う問題が発生したため使い勝手が悪いと評価されていた面もあったのです。



      新しいGoogleMapsPlatformの仕組みではライセンス登録を行うとともに課金の際の請求先等の情報を設定することが義務付けられており、万が一無償の範囲を超えて使用する場合には、そのまま使用は可能ですが、費用が請求されてしまうという点が大きく異なります。

      そのため、GoogleMapsPlatformではAPIの利用は自由に行うことができる反面、発生した費用に関してはあらかじめ設定した請求先に請求される仕組みとなっている点がポイントです。