お中元のマナーや基礎知識

お中元は普段お世話になっている人へ感謝の意味を込めて贈るギフトで、一般的に七月から八月に贈るのが一般的です。お歳暮も贈る意味合いは同じですが、時期が異なります。また、金額はお歳暮の方が比較的高くなることが多いとされています。贈る時期は地域によって異なりますので、贈る相手が住んでいる地域に適した時期に贈るようにしましょう。

ギフトを贈る予定なのに、時期が過ぎてしまった際は暑中見舞いあるいは残暑見舞いとして贈ることが可能です。お中元は上司や仕事で付き合いがある人など、目上の人に日頃の感謝を伝えるために贈るものですが、遠くに離れて住んでいる家族や親戚、友人などにも贈る場合もありますが一部の職種では、物を贈ることが禁止されていることがあるのでお中元を含め、贈り物をする際は相手へギフトを贈っても可能かどうかを確認した方が良いでしょう。お中元は、感謝を伝える贈り物なので贈る相手が仮に喪中であっても贈れますが、お祝いごとを示す紅白の熨斗を使わないようにしたり四十九日より前の場合は時期をずらすなどの配慮が必要です。贈り物としてふさわしいのは、涼しさが感じられる飲み物や食べ物がおすすめです。

ゼリーやそうめん、ビールなどは人気が高く贈った相手に喜ばれるものとして挙げられます。予算はだいたい5千円くらいで、贈る相手に合わせて選ぶようにして金額が高すぎてしまうと相手に気を遣わせてしまうため、注意しましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です