お中元を贈る際に気を付けること

親類や上司など目上の人に贈ることも多いお中元は、マナーやしきたりが気になるという人も多いのではないでしょうか。どのように贈れば良いのかと迷う事の多いケースの1つには、相手が喪中の場合があるものです。喪中の場合にはお祝い事を避けるのが一般的なので、紅白の水引がついたのし紙を掛けて贈る贈り物は贈らない方が良いのかと思われがちです。しかしお中元はお祝い事の贈答品ではないので、贈っても良いとされています。

もちろん贈る側が喪中であっても相手方が喪中であったとしても構わないとされています。とはいえ、亡くなったばかりの場合には紅白の水引を付けて贈ることには違和感がある場合も少なくありません。そのようなときには赤と白のおめでたい印象を与える水引を付けないようにするか、時期をずらして贈ることをおすすめします。一般的に7月の上旬から中旬にかけて贈ることが多いですが、時期を遅らせて暑中お見舞いや残暑お見舞いとして贈るのもよいでしょう。

8月15日までなら暑中お見舞い、それ以降は残暑お見舞いとなります。このとき通常は「暑中御見舞」「残暑御見舞」という表書きになりますが、目上の方に贈る際には「暑中御伺い」「残暑御伺い」とかくようにします。またキリスト教の方の場合には喪中という考えはないので、気にすることなく贈ることが可能です。またお中元は受け取ることができない相手に贈ってしまわないように気を付ける必要があります。

お世話になっているとしても公務員の方や政治家の場合には贈ることができません。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です