お中元の金額相場について

お中元を贈る場合、安すぎても相手に対して失礼になってしまいますし、高すぎても相手への負担になってしまいます。そのため、ちょうどいい金額の贈り物をするということが大切です。一般的には3000円~5000円ほどが金額相場になっていますが、お中元の値段の決め方は、相手との関係性などによって変わってきます。両親や義実家、兄弟や近くに住む親戚などには、一般的な3000円~5000円程度が相場と査定ます。

無理に高価な品物を送るのではなく、相手の家族構成や好みに合ったものを選ぶと喜ばれます。もし、悩んだ場合には相手に直接好きなものや食べてみたいものなどを聞いてみるのもオススメです。友人や知人にお中元を贈りたいという時には、3000円程度が相場となります。相手の負担にならない金額で、価格を抑えたものが良いとされています。

上司に贈る際には、高価すぎる品物は避けることが無難です。5000円程度が気を遣わせない金額となっています。お世話になっているからと10000円を超えるような品物だと相手の負担になってしまうため注意が必要です。取引先に贈る場合には、5000円程度が相場となっています。

特にお世話になっているという場合には10000円程度を上限に選ぶと良いとされています。ただし、賄賂などの誤解を招いてしまう可能性もあるためお中元やお歳暮を禁止している企業もあります。そのため、贈る際には贈答ができるかを確認することが大切です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です