お中元を贈る際のしきたりについて

毎年夏になると多くの人が贈り合っているお中元は、お世話になった感謝の気持ちを伝えることを目的に行われています。7月の初め頃から中旬までの時期に贈るのが一般的で、以前は直接持参して手渡しをするものでしたが、近年では宅配便で届けるようにするのが一般的です。関西地方では8月の15日までに贈る習わしとなっていますが、関東地方は7月中旬くらいまでに贈ります。もしお中元を贈るべき時期から遅れてしまったときには、どうしたら良いかと疑問に思う人もいるかも知れません。

基本的には時期がずれたとしてもそれほど気にすることはなく、感謝の気持ちを表す贈り物を贈るとよいでしょう。しかしお中元ではなく暑中お見舞いや残暑お見舞いとしておくることが大切です。7月中や8月の上旬なら「暑中御見舞」と表書きに記しますが、8月15日を過ぎた場合には「残暑御見舞」と書くようにしましょう。目上の人に時期がずれたお中元を贈る場合には8月15日までは「暑中御伺い」として、それ以降は「残暑御伺い」とするのがマナーです。

紅白の水引が付いているので喪中の人に贈って良いのかと悩むかもしれませんが、基本的にはお祝いではないので良いとされています。喪中に避けるべきなのはお祝い事なので、日頃お世話になったお礼の贈り物とは違うからです。とはいえまだ亡くなったばかりで紅白の水引が気になるという場合には、時期をずらして贈ったり、紅白の水引を付けないようにするのがおすすめです。お中元のことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です