お中元としてふさわしくないものを知る

日頃からお世話になっている人には、何かの形でその感謝の気持ちを伝えたいところですが、日本では古くからお中元やお歳暮の習慣がありますので、定期的に気持ちを伝えることができます。お中元を贈るときは、できるだけ相手の役に立つもの、喜んでもらえるものを選びたいところですが、こちらが良いと感じていても贈物としてはふさわしくない商品もあります。間違った商品選びをしてしまうと、かえって失礼になる場合もありますので、贈り物についてのマナーを知っておくことも大事です。商品券は好きなものを選んでもらえるので、喜ばれるというイメージもありますが、目上の人への贈物としてはふさわしくないので注意が必要です。

お中元としてふさわしくない商品としては、切ることは連想させるはさみや包丁などもあげられます。さらにスリッパなど履物も足で踏みつけるなどの意味を連想させますので、避けたほうが無難です。このほかにも、櫛など縁起の悪い言葉を連想させる商品も避けたほうが良いでしょう。失敗なく、相手に喜ばれるお中元を贈るなら、百貨店やギフトショップなどでスタッフからアドバイスしてもらうこともおすすめです。

さらに、最近はお中元やお歳暮をネットショップで購入する人も増えていますが、こうしたサイトでは、最初から贈物にふさわしい商品が用意されていますので失敗する心配がありません。そして、相手の好みに合わないものを選ぶことも避けたいので、好きなものをリサーチしておくこともおすすめです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です